HOME>トピックス>包茎手術を受けるクリニックの選び方について

正しい治療を受ける

包茎は男のコンプレックスとされていますが、正しい治療を受ければ治すことができます。

クリニックの選び方

下半身

電話・メールでの対応

HPや電話で疑問点や心配事を確認できるかどうかが大切です。

価格や手術の質

保険適用内となる手術は安いものの、術後のデメリットが大きいので仕上がりに気を遣うのであれば保険適用外の手術を受けた方が良いとされています。

医師の腕

術中・術後の痛みは最小限の切断とスムーズな作業が重要です。

プライバシーの保護

包茎手術はプライバシーに大きくかかわることなので、病院での個人情報の扱い方を確認する必要があります。

病院の開設時期

医師の技術力が問われる手術なので、実績のある医師のいる病院を選ぶことが大切です。また口コミなどを参考にすることも大切です。

包茎手術のことを知ろう

症状によって療法が違うので自分に合った療法を理解することが大切です。

Vカット小帯温存法と陰茎筋膜皮下形成温存法の違い

Vカット小帯温存法とは

V字に縫合し小帯を残しておくことで裏側が自然な仕上がりになる療法です。

陰茎筋膜皮下形成温存法とは

コーレス筋膜と呼ばれる皮膚をスライドさせるのに必要な組織を残しておくことで、陰茎部が細くならない療法です。

包茎手術を受けるクリニックの選び方について

悩む男性

様々な包茎手術がある

包茎手術には様々な方法がありますが保険を適用する場合は、旧式のオーソドックスな手法である環状切除術が中心となります。他にも陰茎を切る手法が多い中、陰茎を切らずに手術する方法もあります。

医者

痛くない治療

包茎手術は切断手術なので麻酔を使います。この麻酔が部分的な麻酔のため、なかなかの痛みを感じます。しかしオプション料金を払うことで段階・点滴麻酔などの無痛麻酔にすることができます。

メンズ

包茎手術の費用

包茎手術の費用は手術の内容・病院によって違いますが、相場は数万から十数万となっています。また通常の病院では生活に支障をきたすと認められた場合、手術時に健康保険を使って安く済ませることもできます。

包茎手術に関するQ&A

男性

包茎手術はいつするべきか

手術自体はいくつでも受けられますが、ペニスや亀頭の十分な成長を考慮すると若ければ若いほど良いとされています。

前立腺ガンと包茎の関係

前立腺ガンと包茎が直接関係があるのではなく、包茎の場合ガンの原因となる病原菌が繁殖しやすいと言われています。

性病と包茎の関係

性病も前立腺ガンと同じで包茎と直接関係はありませんが、細菌等が繁殖しやすい状態なので性病にかかりやすいと言われています。

どのくらいの症状で手術する?

包茎の問題は衛生的なものなので真正包茎やカントン包茎でない限り、手術する人は少ないです。

手術後の傷跡

手術法や医師の腕により変わってきますが、安い手術程傷跡が残る可能性が高くなります。

広告募集中