>トピックス>性生活に影響を及ぼすペロニー病は早めに改善すべき

性生活に影響を及ぼすペロニー病は早めに改善すべき

医師

痛みが生じる病気

ペロニー病は陰茎硬化症や形成性陰茎硬化症と呼ばれることもある良性の疾患です。また間違った言い方としてぺイロニー病と呼ばれることもあります。主な症状として陰茎の曲がり、陰茎海綿体白膜のしこり、勃起時の痛みが挙げられます。

男性

ペロニー病の原因とは

ペロニー病の原因は現在判明されていませんが、陰茎に対する外相や、遺伝的要因、加齢によるものだと考えられています。またペニスの内側の外傷や炎症が原因の場合もあります。

腕

性生活に悪影響を及ぼす

ペロニー病は進行性の病気なので始めは症状が気にならなくても、時間とともに陰茎が湾曲・屈曲していきます。そのためこの陰茎の曲がりが徐々に性生活に悪影響を及ぼします。

下半身

EDと関係性がある?

勃起時に痛みを感じる・陰茎湾曲・陰茎海綿体白膜にしこりができるなどの症状が起こるペロニー病は、放置しておくと勃起不全となるEDに繋がる病気なので早期治療が必要になります。

ペロニー病患者に聞いた悩ましい症状TOP5

男医
no.1

陰茎の曲がり

時間と共に湾曲していくため早期治療が必要です。

no.2

進行性の勃起障害

始めは症状は軽いですが、進行性の病気なので少しずつ症状がでてきます。

no.3

勃起時の痛み

しこりが出来てしまうため、陰茎が痛みます。

no.4

性交時における障害

陰茎湾曲、勃起時の痛み、勃起障害から性交障害の原因となる場合があります。

no.5

ペロニー病による合併症

成功障害に伴い手足の拘縮が起こる場合もあります。

ペロニー病のことを知ろう

ペロニー病は早期発見・早期治療が重要なため、異変に気づいた時に医療機関の受診をすることが大切です。

湾曲ペニスと屈曲ペニスの違い

湾曲ペニスとは

元々の曲がっているペニスのことを言います。

屈曲ペニスとは

元々の形がゆがんだペニスのことを言います。

スムーズな治療にするには

保存的治療に半年ほどかかるので、なるべく早く医療機関の受診をすることが大切です。

治療の流れ

手

保存的治療

発症してから半年から一年間は薬剤治療をします。

症状が安定するのを待つ

しこりの大きさや、痛み、ワン強化の変化を確認します。変化が少なかった場合半年後に施術をします。この時に二つの手術を選びます。

縫縮法手術

しこりの裏側の伸びた皮膚を着ることで湾曲を解消します。

移植法手術

しこりを切除した部分に他の部分の静脈を移植します。

手術時にかかる時間

手術内容によって変わりますが、一時間半から二時間半で終わります。

広告募集中